養成講座で日本語教師を目指す

グローバル社会の中で日本国内で活動したり日本企業に就職したいと考えている外国人の方が急増しており、大切なコミュニケーションを司る言語を取得するために、正しい発音や表現力を教える日本語教師の重要性が高まっています。
かつては日本語教師になるための方法には該当する学科が開設されている専門学校や大学を卒業したり、民間企業やNPO法人などが制定した試験に合格する必要がありましたが、新たに420時間カリキュラムが登場しました。
420時間カリキュラムとは文化庁が認定した教育機関で420時間の日本語教師養成講座を受講することで資格が得られると言うもので、専門の教室に通うだけではなく自宅で受講できる従来型の通信講座に加えて、パソコンやスマートフォンを使って講師が出演する動画を閲覧するなどしていつでもどこでも受講できる新たなタイプの通信教育サービスの中にもこの文化庁認定の日本語教師養成講座が開設されているケースがあり、その門戸が広がっています。

日本語教師の養成講座の情報を幅広く扱っているサイトです。

日本語教師養成講座の内容は大きく分けて必要な知識を身につける理論講座、実践的なスキルを身につける実践講座に加えて、実際に外国人の方に授業を行う教育実習が行われることもあります。



募集要項には特に条件は無く、将来の就職に役立てたい学生の方から、新たな知識やスキルを身につけて他者の役に立ちたいと考えているシニア層の方まで幅広い年齢層の方が受講し、資格取得を目指しています。